フリーランスはまず個人でのちに法人化

独立してフリーランスとして起業する場合には、当初から個人として行うかあるいは法人として行うか迷うところです。

個人事業主と法人では、双方にメリットデメリットがあります。

個人が手軽に設立できますが、法人には商法上の一定の手続きが必要で手軽さはなく、たいてい設立に関しては専門家に依頼するので費用が掛かります。
しかし個人では起業後の資金繰りには苦労する場合があります。

個人の資産に対して金融機関は貸すのでフリーランスとして行う事業に貸すのでその信用度はどうして最初は実績がないと難しいです。



法人であっても確かに実績がないと難しい面もありますが、法人になっているだけでも社会的信用があるので資金調達は国などが支援してくれる場合があります。

産経ニュース情報を厳選して紹介します。

いずれの面でフリーランスの起業を検討するかですか、まずが小規模で個人で行うほうがいいです。


起業して売り上げなどの実績がなくても最低限度支払うものがあります。

フリーランスのココだけの話をしましょう。

これは市民税で法人等市民税が最低年に7万円かかります。

ただし設立3年は課税されないので、まず個人で3年実績を作ってそののちに法人化すれば、個人事業主と法人が別なのでまたさらに設立3年非課税の優遇が受けることができます。個人事業主としては3年で廃業する率が高いのでこのような優遇あるのですが、ここを上手く乗り切ってまた法人化してさらにメリットを受けて事業をうまく運営したほういいです。


最初は個人でスモールビジネスとして行ってから法人化して大きくしていくのが適切です。