フリーランスの暮らしぶり

フリーランスをしている人の多くが、たまに働くだけで、十分に暮らしていける場合が多いです。

何故かというと、単価を下げて沢山の仕事をするよりも、単価を高く保って、少しだけ働いた方が効率良く稼げるからです。

よって、薄利多売よりも、確実に儲かる仕事だけをやる場合が多いのです。



だから、結果として、あまり仕事はないが、それなりに稼ぐという状態が多いのです。

薄利多売でも良いじゃないかと思うかも知れませんが、スケジュールに空きがあるほど、仕事を請け易いですが、スケジュールが詰まってくるとなかなかスケジュールの空きと顧客からの要望が合致せず、仕事を請けにくくなります。
よって、薄利多売は論理的にはできますが、実際にはとても難しいものなので、スケジュールがびっしりにはなりにくいのです。もちろん、大人気で顧客がスケジュールを合わせてくれるようなら、スケジュールがびっしりになる可能性もありますが、このような状態を好むフリーランスの人が少ないので、実際には多忙なフリーランスは珍しいのです。
フリーランスの人は時間に余裕があるので、空き時間にアルバイトをしていたり、長期旅行などに出かける人も多いです。



また、育児や介護などとの両立も可能で、人生を満喫している場合が多くなっています。



金銭的には不安定にはなりますが、自由度の高さや効率的に稼げることを考えると、このような働き方を好む人は多いです。

また、実際にこのような働き方を選ぶ人も増えてきています。