フリーランスを考えている時には

自由な働き方が魅力でフリーランスに憧れている人は多いものですが、いざ独立をしようと思った時にはフリーランスというのはどのようなメリットが有り、デメリットもあるのかを理解しなければなりません。まず、利点としては多くの人が思い浮かべるように何をするにしても本人の自由ですから働く時間も休む日も自由に決めることができます。



しかし、現実的にはそれだけ余裕のある人はほとんどいなくて、納期の追われて年中無休で寝る間も惜しんで働くことになるか、あるいは仕事が全く無くて毎日仕事を探して奔走するかという状況になりやすいものです。

なにか大きな武器があれば、自由に働くこともできますがそうでないのであれば逆にサラリーマンよりも自由がなくなってしまう可能性があります。



サラリーマンと比較して莫大な収入を手にすることが出来る可能性があるのがフリーランスの魅力ですが、仕事がなければ一銭にもならないというリスクが有ります。
会社勤めなら閑散期であっても給料は保証されますが、フリーランスの場合は仕事がなければ収入はゼロなので常に仕事を探さなければなりません。



納税や保険などに関してもサラリーマンは会社が全て代わりに行ってくれますが、独立をすれば誰かに任せるということはできません。

任せることができてもその分費用が発生しますから、全て会社がしてくれるサラリーマンよりも身の回りのことで負担が大きいという欠点があります。


このようにフリーランスはサラリーマンと比較して欠点も多いのですが、仕事が軌道に乗った時の利点というのは会社勤めにはないほど非常に大きなものとなっています。